宿探しや予約は楽天トラベルがおすすめです。

休暇村 南伊豆

「日ごろの悩みや、煩わしさを全て忘れられる旅がしたいなぁ! でも一人旅は何となくうっとうしがられるし、余計に寂しくなったりしたら逆効果だし~」とお悩みのあなた!

実は、過去の筆者も、日ごろのストレスで悩んだ時期がありましたから、その気持ちよ~くわかります。
「悩みくらい誰だってあるだろう・・・」なんて軽く考えていると大変なことになりますよ。抱え込み過ぎると、仕事もなにも身が入らなくなり、しまいには「うつ病」になってしまうことだってあるのです。
そんなとき、筆者は一人で旅にでかけますね。日ごろの喧騒から離れて大自然や温泉に浸かり、ゆったりと身をまかせると心が洗われたようになり活力が湧き出てきます。
落ちこんだあなたの気分を一掃してくれるような旅を紹介しますね。首都圏からもそう遠くはなく、一人でも快く受け入れてくれる南伊豆弓ヶ浜温泉の旅です。
※ただ筆者が最後に訪れたのは4~5年前です。気持ちが落ちこんでいたときに、ここを訪れた旅が強烈な印象として残っているので、同じような境遇のあなたにぜひとも紹介してみたいと、記憶を呼び起こしながら記事を書いています。そのような理由で現在では、記事の内容と多少異なっている部分もあるかも知れませんことを理解願います。

南伊豆の弓ヶ浜温泉とは?

南伊豆は伊豆半島の最南端に位置し、周辺には「石廊崎」や「下田」といった有名な観光名所があり、四季を通じて、海、山、川、食べ物といった様々な楽しみ方を体験できます。

その中でも「弓ヶ浜温泉」はその名のとおり、周囲1.5キロメートルの美しい弓型のビーチに囲まれ、静かで自然豊かな温泉です。弓が浜からの夕日、夜ともなると満点の星空、なにもせずに、ただ身をゆだねているだけで心が洗われます。

休暇村 南伊豆

おすすめの宿泊施設「休暇村 南伊豆」

南伊豆には、旅館や民宿、ペンションといった宿泊施設がたくさんあります。付近一帯は、伊豆の有名な温泉街のような派手さはありませんが、静かで自然豊かな環境です。

今回紹介する「休暇村 南伊豆」は、筆者も度々宿泊する弓ヶ浜に隣接する公共の宿です。
公共の宿と言うと「安いけどサービスが悪い」「施設が貧弱」といったイメージに思われがちですが、そんなことはありません。ここ「休暇村 南伊豆」は施設もサービスも充実しており、安心してくつろげる宿です。

休暇村 南伊豆

おすすめの理由

「休暇村 南伊豆」をおすすめする理由はたくさんあるのですが、落ちこんだあなたの気持ちを癒すに最も相応しい理由を5つ説明しますね。

  1. 行き過ぎたサービスがなく、一人泊でも快く受け入れてくれる。
  2. 料金がリーズナブルで一人泊の追加料金がない。
  3. 弓ヶ浜のビーチに面しており、どの部屋からも美しいビーチを眺めながらのんびりできる。
  4. 豪華さはないが、広々として快適な温泉。
  5. 「参加体験イベント」という宿泊者のふれあいプログラムが準備されている。

順番に説明しますね。

おすすめ理由1.行き過ぎたサービスがなく、一人泊でも快く受け入れてくれる。

筆者が最もおすすめする理由はこれです。

観光旅館にありがちな、行き過ぎたサービス。例えば到着時のドアーボーイの歓迎挨拶、荷物の搬送、部屋での説明や挨拶などは一切ありません。もちろん体の不自由な方の荷物の搬送はしてくれます。

フロントでは、一人旅でも快く笑顔で迎え入れてくれ、決して余計な詮索はされません。一人旅の場合では「お一人ですか?」、「どちらからお出でですか?」、「〇〇は初めてですか?」等々、いろいろと詮索されることが多いのですが、せっかく静かに心を癒しに旅にきたのに、いろいろと聞かれると「うっとおしい」と感じたことはありませんか。

もちろん「サービスが悪い」と言うわけではありません。どちらかと言うと「サービスは良い」ほうでしょう。客が必要としている以上の「サービスの押しつけ」がないということです。
心の癒しのための一人旅にとって「ほっといてくれる」これは嬉しい「サービス」ですよね。
広々として明るいロビー

左手のチェックインカウンターで従業員が笑顔で迎えてくれます。左手奥にインターネットコーナー、右奥にカフェがあります。

休暇村 南伊豆

おすすめ理由2.料金がリーズナブルで一人泊の追加料金がない。

宿泊料金は、近隣の宿泊施設と比較してかなり割安感があります。宿泊料金は宿泊時期及びプランによって異なります。1人泊の場合、追加料金を取られるのが通常ですが、ここ「休暇村 南伊豆」では複数人宿泊の場合と同一料金と言うのが一人旅の方にとっては嬉しいですね。

連泊プランもありますので複数日の滞在予定なら、お得な連泊プランにすると良いでしょう。
料金についてはこちらの「休暇村南伊豆 プラン一覧」で確認してください。

おすすめ理由3.弓ヶ浜のビーチに面しており、どの部屋からも美しいビーチを眺めながらのんびりできる。

「休暇村 南伊豆」は、どの部屋もビーチに面しており、窓越しの松林の間より、美しい弓ヶ浜のビーチを眺めながらくつろげます。聞こえてくるのはやさしい潮騒と小鳥のさえずりだけです。

筆者は畳が好きなので、いつも和室にしています。洋室が好みの方には洋室や、和洋折衷の部屋もあります。
部屋で寝っ転がり、潮騒の音を聞きながら、なにもせずに、ただ「ぼ~っと」過ごすのは最高の贅沢ですね。


休暇村 南伊豆

休暇村 南伊豆

おすすめ理由4.豪華さはないが、広々として快適な温泉。

「休暇村 南伊豆」は温泉リゾートホテルとしては、それほど豪華ではありません。でもシンプルで明るく広々とした浴室でゆったりと波の音を聞きながら温泉に浸かっていると、心身ともに癒されます。特に露天風呂からは松林越しにビーチを眺めることができ、本当にくつろげます。

明るるく開放的な内湯

大きさはそれほど大きくはないですが、明るくて開放的な内湯です。

休暇村 南伊豆
引用:静岡県温泉

露天風呂

ビーチを見ながらの露天風呂。手前にある2つの壺湯は源泉かけ流し温泉です。大人1人用ですが足を壺の外に投げ出して浸かっていると「温泉一人占めしちゃった!」みたいで快感です。

休暇村 南伊豆
引用:BIGLOBE

湯上りラウンジ

湯上りには、大浴場隣の広々とした「湯上りラウンジ」で一休み。冷たいお茶のサービスもあります。

休暇村 南伊豆

おすすめ理由5. 「参加体験イベント」という宿泊者のふれあいプログラムが準備されている。

一人で旅にはきたけど「どう過ごしたら良いかわからない」という場合は、「休暇村 南伊豆」が主催している「ふれあいプログラム」に参加することをおすすめします。

プログラムは日によって変わりますが、歴史散策にウォーキング、手作りジュエリー教室といった、いろいろなプログラムが用意されています。

おすすめは朝のお散歩会「おはようウォーク」ですね。気持ちのいい南伊豆の朝を満喫できます。距離は長くないので朝食前の運動にぴったりです。

季節にあわせて、季節の花巡りや、白砂と弓なりのビーチが美しい弓ヶ浜でのウォーキングなど、ベストなコースを選んでくれます。ノルディックウォーキング専用のポールのレンタルと簡単なレクチャーもしてくれます。
美しい弓ヶ浜のビーチをただぶらぶらするのも良いですが、やはり地元を知り尽くしている人にレクチャーを受けると楽しさも倍増しますね。

バイキング形式の食事

食事は2階にある広々としたダイニングでとります。基本的に朝夕共「バイキング形式」です。各種一品料理の追加もできます。

「バイキング形式」といっても、その内容は半端じゃなく素晴らしい料理の数々ですよ。海の幸、山の幸といった地元の旬の素材をふんだんに使った料理です。

夕食は午後6:00からです。夕食時の窓際は大変に込み合いますので、窓際でライトアップされた庭園を眺めながら食事したいなら早めにいきましょう。

休暇村 南伊豆

欲張ってこんなにとりました。和洋中の料理てんこもり。お腹いっぱい大満足!

休暇村 南伊豆

朝食もたっぷりと・・・。朝からこんなに食べていいのかしら?おかゆが疲れた胃に優しかった。

休暇村 南伊豆

料理の内容は日によって異なります。これは連泊する者にとっては嬉しいですね。

一人旅には嬉しいコインランドリー

3階の湯上りラウンジの後ろコインランドリーがありました。着替えを持参したとしても、汚れた衣類をバックに詰めて帰るのは嫌ですよね。まして連泊などすると着替えがかさばってしまうし~(´;ω;`)

こんなとき嬉しいのがコインランドリーです。汗をかいたシャツや下着は洗って、翌日に着れば荷物もかさばらないし楽ですよね。

休暇村 南伊豆

一人カラオケで思いっきり歌いまくる

カラオケボックスもあります。グループで歌い楽しむのも良いですけど、たまには一人で歌いまくって、ストレスを発散させてみてはいかがですか。誰を気にすることもなく、思いっきり声を張り上げるとスッキリしますよ。カラオケボックスは1,500円/50分です。

休暇村 南伊豆

屋上「潮騒テラス」で弓ヶ浜のビーチを眺めながら足湯につかる

屋上にある「潮騒テラス」では、足湯に浸かり、美しい弓ヶ浜の夕景と、心地よい波音に包まれながら癒しのひと時を過ごしてみませんか。

天気のいい夜は星空を見上げて下さい。満天の星があなたを、優しく包み込んでくれます。

休暇村 南伊豆
引用:休暇村公式

喫煙者には嬉しい。各階にある喫煙コーナー

喫煙コーナーは各フロアーのエレベータホール横に設置されています。

「ちょっと一服!」と階段を上り下りしなくても済む喫煙コーナーは喫煙者にとっては嬉しいですよね。

喫煙の際は煙が外に漏れないよう、喫煙コーナーのドアはきちっと閉めましょう。

付近の散策

少し足を延ばせば、弓ヶ浜温泉の近くには見所・名所がたくさんあります。「折角伊豆まできたのだから、あっちも見たい、こっちも見たい」と言う気持ちはよ~く分かります。

でも今回は、心の洗濯にきたのですから、そこは抑えて散歩気分でいけるところを紹介します。宿の近くであれば「少し疲れたなぁ」と思えば、いつでも戻って温泉に入り、昼寝ができますものね。

逢ヶ浜(おうのはま)

休暇村から700mほどいったところに、美しい白砂のビーチが逢ヶ浜です。色々な奇岩が海中から突き出ており、独特の景観を作りだしています。磯遊びやシュノーケルといった遊びができるようです。

休暇村 南伊豆

青野川堤防沿いで四季の花々を楽しむ

休暇村から約2kmの青野川には、四季折々の花が咲き乱れています。青野川辺り一帯はのどかな田園地帯が広がり、流れの緩やかな青野川添いを歩いているだけで気が休まります。

青野川堤防沿いに咲く桜は「みなみの桜」と呼ばれ2月上旬から開花がはじまり、下旬ころには満開となります。

休暇村 南伊豆
休暇村 南伊豆

ちょーどこのころは、菜の花も見頃となり「菜の花と桜」といった、一足早い春の訪れを楽しめました。

田牛(とうじ)の「龍宮窟(りゅうぐうくつ)」と「サンドスキー場」

少し余裕があるなら、田牛海岸の龍宮窟とサンドスキー場を散策してみるのも良いでしょう。

休暇村から約5.5Kmにあります。バスもありますが、青野川添いの、のどかな田園風景を眺めながらハイキング気分で行くことをおすすめします。休暇村からおよそ1.5時間も歩けば着きます。

時期によっては、休暇村のふれあいプログラムの「散策プログラム」に組み込まれている場合がありますので、フロントに聞いてみるとよいでしょう。

田牛海岸は風波のために複雑に変化した海岸線を持つビーチです。
「田牛バス停」横の林の中をくぐっていくと「龍宮窟」(写真左)にます。波が海岸の波にうちつけられ、柔らかい地層や断層などが削られていき海洞窟となったものです。
「田牛バス停」から少し上った海岸に「サンドスキー場」(写真右)があります。傾斜角度30度、長さ70m、幅100m。風によって吹き上げられた砂がたまってできた天然のサンドスキー場です。夏になると、サンドスキーを楽しむために訪れる観光客も大勢いるそうです。
田牛海岸は景観も素晴らしいので、景色をみるだけでも訪れる価値があるでしょう。
休暇村 南伊豆
休暇村 南伊豆

まとめ

取材日時

2013年2月頃

泉質・効能

泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物泉
効能:病後回復 / 運動機能障害 / 関節痛 / 筋肉痛 / 五十肩 / 痔 / 神経痛 / 疲労回復 / 慢性消化器病 / 冷え性

「休暇村 南伊豆」のおすすめポイント

行き過ぎたサービスがなく、一人泊でも快く受け入れてくれる

なんと言っても肩肘張らずに気楽に受け入れてくれるところでしょう。そして一人旅でも何の偏見も持たずに快く受け入れてくれます。

一人旅だと、若い男性は別として、高齢者や女性の一人旅は「この人大丈夫かしら?」と言うような、何となく奇異の目でみられ「いらぬ心遣い」をされがちです。

一人泊でも追加料金がない

「休暇村 南伊豆」は複数人での宿泊でも、一人泊でも料金が同じです。

和室は概ね10畳の部屋ですが、通常は3~4人で使用するそうです。広い和室を完全に一人占めできるのは最高の贅沢ですね。

館内の全フロアーに段差がなくバリアフリーとなっている

玄関から部屋までは段差が全くなく、館内全てがバリアフリーとなっているため、高齢者や車椅子のかたでも安心ですね。

連泊者に嬉しいバイキングの日替わりメニュー

もちろん全てではありませんが、バイキングのその日の目玉となる出し物(って言ったら良いのかな)は、毎日変えているそうです。連泊する場合これは嬉しいですよね。いくら美味しい料理だとしても、連日同じ料理だと飽きてしまいますよね。

少し残念なところ

電車利用の場合バスの便が悪い

「休暇村 南伊豆」の最寄り駅は伊豆急「下田駅」です。下田駅からはバスを利用しますが、往路は11:30~18:30までの概ね30分間隔。復路は8:30~12:30までの概ね30分間隔です。

朝早くに行って、現地を散策したいとか、帰りはもっとゆっくりと帰りたいという場合はタクシーを利用することになります。

夏場は超混雑のため予約がとれない。

弓ヶ浜は伊豆の中でも人気のビーチであることから、夏季は半年前から平日でも予約で一杯になるそうです。

予約受付開始の日時をしっかりとおさえて、開始と同時に予約をいれた方がよいですね。

部屋にインターネット接続端子がない

最近では、各部屋にインターネット接続端子が付いていることが多いですが、「休暇村 南伊豆」ではありません。また、公衆無線LANも1階ロビー付近でしか使えません。

インターネットを使う場合、1階ロビーにパソコンが2台置いてありますので、自由に使ってかまいません。

客室でインターネットが使えないのは仕事を抱えてきた方にとっては痛いですが、「せっかく疲れを癒すためにおいでになったのだから、仕事のことは完全に忘れて、ゆっくりとして下さい」と言う気配りですかね(笑)

「休暇村 南伊豆」施設基本概要

施設名 休暇村 南伊豆(きゅうかむら みなみいず)
住所 〒415-0192 静岡県賀茂郡南伊豆町湊
電話番号 0558-62-0535
公式サイト http://www.qkamura.or.jp/izu/
チェックイン / アウト チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
館内設備 レストラン / 売店 / 喫茶 / ベーカリー / 喫煙コーナー / WiFi / 閲覧用PC / 温泉大浴場 / 露天風呂 / 湯あがりラウンジ / マッサージコーナー / 大広間 / カンファレンスルーム / 自動販売機 / コインランドリー / 多目的トイレ / カラオケルーム
日帰り入浴
利用時間(12:30~15:00(14:30受付終了))
料金(大人800円/子供400円(4歳以上) )
※期間限定の割引券あり 詳しくは「弓ヶ浜温泉「鈴の湯」
駐車場 120台(無料)
クレジットカード 各種可

地図

静岡県賀茂郡南伊豆町湊

筆者の感想

最後までお読みいただきありがとうございます。

「休暇村 南伊豆」は、南伊豆の観光拠点としての宿泊はもちろん、疲れた体と心を癒すのにぴったりの温泉宿です。

静かな環境で、じっと目を閉じて、潮騒のささやきと小鳥の声に耳を傾けながら、温泉に浸かったり付近を散歩していれば心身共に洗われ明日の活力が沸いてくる気がします。

今回は、疲れたあなたの心を癒すための旅を紹介ですので、あまり観光地等の紹介をしておりません。観光として当地を訪れる際の観光地の詳細は、別途記事にしますのでお待ちください。

当記事が「あなたの心の癒し旅」に少しでもお役にたてれば幸いです。

宿探しや予約は楽天トラベルがおすすめです。